レールから外れた人だけが成功を掴める!就職すると人生が終わる話

レールから外れた人だけが成功を掴める!就職すると人生が終わる話

こんにちは、ユウです!

 

僕ら日本人は生まれてから教育を受け大体の方がある一つの固定観念に縛られ生きています。

ただ世の中で一般の人よりも多く富を持ったり権力の大きい人間に共通していることは、

一般人の方々が持つ【固定観念】に捕らわれずに多くの人が歩んでいる人生のレールから外れていること。

 

つまり成功したいのであれば、

8割の人間が歩く道ではなく2割の人間が歩いている道へ外れる必要があるということです。

人生の敷かれたレールから脱却しましょう。

 

就職すると人生が終わる話

人生の敷かれたレールとは簡単です。

 

幼稚園→小学校→中学校→高校→大学→就職と言ったように皆さん誰しもが当たり前のように行動している人生の流れです。

 

誰しもが何の疑いもなくこのレールに沿って

人生を歩んでいくと思います。

 

しかし、この人生の敷かれたレールに

落とし穴があることに気づかなければ国や権力者の思うツボだということを早い段階で認識しないといけません。

 

この当たり前のような人生のレールにどのような落とし穴があるのかというと、

 

それは学業が終わり仕事が決まると、収入が決まり、

収入が決まると、生活が決まる。

 

要するに仕事→収入→生活といったように、

仕事が決まった時点で収入が決まってしまい、

収入が決まるとその収入の範囲で生活をしなければなりません。

 

収入20万円で家賃20万円の場所に住む人はいませんよね?

 

仕事が決まる→月収20万円

収入が決まる→月給20万円×12ヶ月=240万円

生活が決まる→手取り年収200万円の範囲で生活をする。

 

手取り月収20万円なら『あなたはひと月20万円の中でしか楽しむことはできませんよ。』

手取り年収200万円なら『あなたは1年間200万円の中でしか楽しめませんよ。』

と言われているようなものです。

実際は生活するために必須なお金(家賃、電気水道ガス、通信費)にほとんど消えるため、

実際に自由に使えるお金はもっと低くなります。

 

先に仕事を決めると、

収入が決まり、

その収入に見合った生活が必然的に決まってしまうわけです。

つまり確実に人生の視野が狭くなってしまいます。

人生は逆算思考から目標を立てよう

では、人生の敷かれたレールから脱却するには、

何をしたら良いのか?

 

答えは単純で、目標に対して逆算することです。

 

生活→収入→仕事

 

このような順番で、目標(理想の生活または人生)に対して、

逆算していく事により、敷かれたレールから

外れることが可能になってきます。

 

目標をはっきり決める事によって、

それに対して、どれだけの収入が必要かが決まり、

単純にその収入を取れるだけの仕事を僕は探したに過ぎません。

 

その手段の一つとして、

僕は『インターネットビジネス』

に取り組んでいるといった感じです。

 

自分の理想とする生活スタイルや住まいを先に決め、

その生活をするためにはひと月どれくらい稼がないといけないのかを把握し、

それくらい稼げる仕事をしているだけに過ぎません。

 

生活→収入→仕事

 

僕は自分の収入は自分で決めて自分の生活も自分で決める!

こうして人生を逆算して考えることで会社や組織に人生を支配されずに、

自分で人生をコントロールしていくことが可能になります。